忍者ブログ
音楽チャートの話題が中心?
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ナタリー - EXILEにJ Soul Brothers合流!14人体制で新たな出発

3日遅れですが、折角なので…。

昨年12月のこの記事でDA PUMPの大幅増員について触れ、「第2のEXILEでも狙っているのでしょうか」と書いたのですが……まさか、そのEXILEまでもが大幅増員とは。それも、先月デビューしたばかりの弟分・J Soul Brothersを吸収する形で…。

この新体制が決まってから、エイベックスの松浦社長のブログのコメント欄が荒れるなど、ファンの間でかなりの動揺が広がっている様子(参考記事)。まあ、無理もないでしょうね…。あまりにも唐突でしたし。それに話題性は抜群なものの、今後にはあまりプラスに作用しなさそうな予感もありますし。

しかし今思うと、J Soul Brothersという名前自体、元々はEXILEの前身にあたるグループ名。この名前を弟分のグループに与えたこと自体が、実はEXILEへの編入への伏線になっていたのかもしれませんね。当初から「EXILE2軍」としての位置付けで、実力がついたら昇格(=編入)させようという意図だった、とかで…。

それにしても、ネスミスが遂にEXILE入りですか…。『ASAYAN』の超男子ヴォーカリストオーディションでは最終選考でCHEMISTRYに敗れ(※このオーディションには、今や同僚となったATSUSHIも参加していた)、SHUN(清木場俊介)脱退後の新ヴォーカリストオーディションでも最終選考で敗れていただけに、(唐突な加入とはいえ)昔から追いかけていた方にとっては感慨深いのでは?




PR
ナタリー - DA PUMPからYUKINARI脱退!9人体制で再出発

7人増員とは驚きました。第2のEXILEでも狙っているのでしょうか。
ただ個人的には、この件で思い浮かんだのはむしろdream(現・Dream)だったりして…。彼女たちの場合は、当初3人編成→1人脱退→6人増員でしたし。




「小室プロデューサー逮捕状 音楽著作権 譲渡トラブル」
(2008年11月4日、朝日新聞朝刊1面見出しより)

昨日の朝刊1面を見た時には、本当に驚きましたね…。まさか詐欺罪で逮捕とは。
彼が一大勢力を築いていた十数年前、こんな行く末を予想していた人はおそらくいなかったでしょうね…。

僕自身は特に小室ファンというわけではありませんが(現に関連CDは数えるほどしか持っていない)、小室ファミリーの全盛期がちょうど僕の高校時代と重なるので、どの曲も強く印象に残っていますし、彼の楽曲がヒットチャートを席巻しまくった時代をリアルタイムで知っているだけに非常に残念です。しかも自らが主導しての犯行なのではないかという報道もありますし…。
当時を彩ったあの名曲の数々が、こんな形で色褪せてしまうなんて…。

既に、今後発売されるはずだったglobeの新曲やTM NETWORKのベスト盤が発売中止に追い込まれていますが、これからも色々と影響が出るでしょうね…。たとえば音楽番組で歴代ランキングを放送する際には、彼の関連曲が省かれたりするでしょうし…(過去に槇原敬之が逮捕された当時には、実際に彼の楽曲が省かれたことがあったので)。特に1990年代あたりだと虫食いのようになりそう…。

なお、彼の関係者(宇都宮隆、木根尚登など)による、今回の事件に関するコメントについては、GREEN DAYS ~緑の日々~というブログのこちらの記事からリンクが張られていますが、いずれも事件に大きなショックを受けつつも前向きな内容になっていて、絆の強さというものが感じられます。事件にショックを受けたファンの方々にとっても、安心できる、勇気づけられる内容だったように思えました。
 
しかし、彼の音楽業界への復帰となるとかなり厳しそうですね…。億単位の詐欺罪となると実刑で最低3年は免れないようですし(保釈もほとんど許されないらしい)、併合罪が適用されれば懲役10年にもなるという話もありますし…。
果たして今後、彼はどうなるのでしょう…。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/24 あ]
[06/28 あ]
[06/21 ミネバ様某♪]
[05/11 柊朱雀]
[05/04 柊朱雀]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
辻啓太郎
性別:
男性
自己紹介:



バーコード
ブログ内検索
アクセス解析